どんな治療法なのか

歯科診察室

インプラントは歯周病などで歯を失ってしまった方が、再び自分の歯で噛むことができるようにするための治療方法です。山形でもインプラント治療は欠損歯で困っている人々から高い注目を集めており、様々な年代の人々の間で知られるようになってきました。インプラント治療は歯を失った部分に人工歯根を埋入し、その上から光沢がある美しい義歯をかぶせることで咀嚼機能を取り戻します。美しい白い歯を入れることによって、笑顔に自信が出るというメリットなどがあり、歯並びという点でも利点があります。この治療法を選択すると、他の歯に負担をかけずに治療ができるというメリットもあり、健康な歯を削ったり健康な歯に金属を固定したりする必要がありません。

1本から治療することができる

歯科治療

山形でもインプラント治療は自分の歯を歯周病や突然の事故などで失ってしまったという人々の間で人気があります。この治療法を選ぶと、様々なメリットが得られ、機能性や審美性などが評価されており、症状に応じて治療を受けることができます。例えば、歯が1本なくなってしまったという方から全入れ歯の方まで、必要な歯の本数に応じて治療法を選べるようになっています。例えば、歯が1本抜けてしまったという方の場合は1本の人工歯根を埋入して治療を行います。それに対して、全入れ歯をインプラントにしたいという場合には、人工歯根を数本埋入する方法があり、歯に対応する本数の埋入を行う必要がありません。そのため、インプラント治療は残されている歯の状態に応じて治療できるというメリットがあり、1本から治療を受けることができます。そして、埋入する歯については、フレキシブルに治療をすることができるという特徴があります。

顎骨を増やすこともできる

歯科人物

インプラント治療にいろいろなメリットがあり、昨今山形でもこの治療法を希望する患者さんの数も増えており注目度が高くなっています。けれども、インプラント治療を行う場合、前提があり、顎の骨量が十分あることが必要とされており、この点は注意点になります。インプラント治療は、顎に骨が十分ある状態でなければ、埋入した人工歯根をしっかりと固定することができません。しかし、その場合には、顎骨量を増やすための治療を事前に行うことでこの治療法を選択することが可能です。その治療法にはGBR法野菜ナスリフト法などの種類があり、GBR法はインプラントを覆うように、骨量が不足する場所に十分な量の骨補填材を行う方法です。サイナスリフト法は骨と粘膜を剥がし、作ったスペースに骨補填材などを入れる治療法です。

広告募集中