インプラント

治療期間と歯周病予防

インプラント治療は歯が抜けた場合の治療法のひとつです。手術により顎の骨に器具を埋入するやり方です。口腔状態や治療箇所などによっても差はありますが、治療期間はだいたい4~6ヶ月です。埋入した器具がしっかりと骨と結合して長期に渡り機能するために、手術後は定期的に歯科医を受診して器具の状態や噛み合わせなどをチェックしてもらいましょう。インプラント治療の特徴として、保険適応外である点も挙げられます。本来の歯と同じように咀嚼して食事できることや、見た目も美しい点などメリットが多いので、山形でもインプラント治療を選ぶ人が増えています。歯周病になりやすいという見解もありますが、技術と知識のある山形の医師の元での治療であれば問題ありません。350種類ほどのインプラントの種類の中で、歯周病になりにくいインプラントがあるのでそれを選んで治療すれば良いでしょう。

ほかの歯への負担が少なく外観も良い

山形のインプラント治療では、ほかの健康な歯は削りません。1本1本独立した形で埋め込むのでほかの歯に負担がかからないことが大きなメリットです。歯根も取り戻すことができるので、歯が痩せる心配もありません。本来の歯と同じくらいの咀嚼力も付いて、食べやすくなります。入れ歯のように熱い物を気にしなければならないという悩みもなく、美味しく食事できるのです。外観に関して言えば、銀歯や部分入れ歯の金属バネなどが見えるのも防げます。今や審美歯科でもインプラント治療は大人気です。インプラントの人口歯には、セラミックやジルコニアなどが使われます。笑ったときに銀歯が見えるのが嫌であれば、インプラントにすれば安心です。

広告募集中